スーパー・食材

イギリスのスーパー事情

スーパー・食材
今回のテーマはイギリスのスーパー事情です✏️✨

本題に入る前に少しだけイギリスの階級社会についてご説明しますね👑

イギリスは歴史的に階級社会であるとされ、家柄・職業・しゃべり方・着ている服等でステータスを判断されることがあります。

階級は大きく3つに分けられます。

・🔱Upper Class(上流階級)   →王室、貴族、地主、資産家など
・🖊Middle Class(中流階級)  →所謂ホワイトカラー
大学に進学するのは、一般的にこの階級以上に属する人達であると考えられています。
※Middle Classは、さらに3つに分かれますが今回は割愛します。
・🍺Working Class(労働者階級) →所謂ブルーカラー
義務教育を終えるとすぐに社会に出るのが一般的で大学に進学するのは稀です。

現在はだいぶ階級意識が薄くなり、法律上での差別などはないものの、人々の暮らしや文化、考え方に深く根付いていることを意識する場面があります。

 

 

『えーっと・・・スーパーの話と何の関係があるの( ꒪⌓꒪)???』

 

 

と思いますよね?

実はスーパーの袋が階級の判断材料となるのです。

というのも、スーパーはそれぞれ違った階級層をターゲットにしているからです。

つまり、【高級スーパーの袋を持っている=経済的に余裕がある】として見られるため、どこのスーパーで買い物するかということがある種のステータスとなるのです。

日本にいるときはどのスーパーの袋をぶら下げているかなんて全く意識したことがありませんでしたが、イギリスではスーパーの袋一つでも生活水準を測る指標になるんですね!

前置きが長くなりましたが、今回の記事ではそんなイギリスのグレード別スーパー事情についてご紹介したいと思います💡

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

【階級別のスーパー一覧】※日本にあるイメージの近いスーパーを記載しておきます。
上流階級 〜成城石井、紀伊国屋のイメージ〜
Waitrose(ウェイトローズ)
Marks&Spencer(マークス&スペンサー)

中流階級 〜コープ、マックスバリュのイメージ〜
Sainsbury’s(セインズベリーズ)
Tesco(テスコ)

労働階級 〜OKストア、ロピアのイメージ〜
ASDA(アズダ)
Morrisons(モリソンズ)
ALDI(アルディ)
LiDL(リドル)

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

上流階級

Waitrose(ウェイトローズ)*自宅の近所にあるので愛用しております✨

イギリスで最も格式高いスーパーマーケットで、“王室御用達”と言われております。イギリスの最高級スーパーとして、エリザベス女王やチャールズ皇太子に食料品、ワインなどを提供しているそうです。
商品は品質が良く、新鮮な野菜やお肉、オーガニック商品が売られているほか、自社ブランドの商品も多く品揃えが豊富です。
また、カスタマーサービスで評価されている小売業のJohn Lewisグループでもあり、イギリス全体で約352の支店を持っており、「リトルウェイトローズ(little Waitrose)」という名前の小さなコンビニエンスストアもあります。

公式サイト:https://www.waitrose.com

 

Marks&Spencer(マークス&スペンサー)

綺麗でおしゃれな雰囲気のスーパーで、調理済みのデリ製品に力を入れています。
商品のほぼ9割がプライベートブランドであり、食料品の他、衣料品から家庭用雑貨まで幅広く取り扱っています。
また、ヨーロッパ・アジア・中東などにも店舗を構えて世界中に自社ブランド製品を輸出しており、フランチャイズ契約にも力を入れてブランド力を強めているそうです。
ロンドン市内ではあらゆる場所にあり、オックスフォードストリートには巨大な店舗を構えている他、ロンドンのオフィス街にもあり、サンドイッチ、サラダ、寿司&ラップなどの商品を揃えていて、小さなブランチに適した「M&S Simply Food」も人気のようです。

★★★——————————————————————————————-★★★
中流階級

Sainsbury’s(セインズベリーズ)

セインズベリーズ社は、ロンドンの中心にも郊外にもどちらにも店舗を展開している巨大スーパーマーケットチェーンでイギリス国内に1,200店舗以上あります。
品揃えはテスコとほぼ同じですが、品質にこだわりがあると言われているためか、値段はセインズベリーの方が若干高いです。また、「Sainsbury’s Local」というコンビニエンスストアを出しており、こちらに関してもTesco Expressよりはやや大きく、値段が少し高めです。
ロイヤリティ・カードとしては他業界との提携で格段に加盟店の多いネクター・カードのメンバーでもあり、さらにロイズ銀行とのパートナーシップでオンライン銀行をスーパーで初めて運営するなど、多角的な事業展開が特徴的です。

Tesco(テスコ)
テスコは売上高が最も高いイギリス最大のスーパーマーケットチェーンです。
「every little helps」というスローガンを掲げており、庶民的な価格設定でマーケット・シェアを世界へ向けて急速に拡大しつつあり、コンビニエンスストアとしてTesco Expressを展開しています。
イギリス最大店舗となったのは、低価格、利便性の高さ、好立地にあります。特に数の多いコンビニエンスストアはロンドン中心部も含め至る所に展開しており、外を歩けば1日必ず1つは店目にするくらいあらゆる場所に出店されています。
また、デリバリーサービスもやっており月額契約をすることで安く商品を購入でき、自宅に配達してもらえます。

公式サイト:https://www.tesco.com


★★★——————————————————————————————-★★★

労働階級

ASDA(アズダ)
アズダはスーパーマーケット小売業者であり、業界紙調査で14年連続「最も価格が安いスーパーマーケット」に選ばれております。
。主要なスーパーマーケット小売業に加えて、金融事業や携帯電話事業、不動産業など幅広い分野を手掛けています。
また、アメリカ最大のスーパーマーケットチェーンの“Walmart(ウォルマート)”の傘下に入っており、「George」という洋服ブランドを展開し、こちらは可愛らしいデザインのものがリーズナブルなお値段で入手可能とあって、子供が小さい大家族などに支持されているそうです。

公式サイト:http://www.asda.com

Morrisons(モリソンズ)
モリソンズは、イギリスに本社を置く、マーケットシェアが第4位のスーパーマーケットチェーンです。店頭販売・オンラインの双方で売上をあげていて、国内ではテスコ、アズダ、セインズベリーズと並び、BIG4とも呼ばれています。
ペット用品からホーム用品まで幅広く商品を扱っており、ロンドン市内にも店舗はありますが中心地からは少し外れた場所にあるものが多いです。また、店内で作られているパンが安い上に種類豊富で美味しいとの評判を見たことがあります。
2016年にはASDAに続いて2番目に商品が安いスーパーマーケットと評価されました。顧客満足度については酷評を受けたことがありますが、2018年度の調査では第5位にランクインしています。

ALDI(アルディ)
アルディはドイツに拠点を置くディスカウントスーパーマーケットであり、1990年にイギリスへ進出し、現在500店舗以上を英国内に展開しています。顧客満足度が高くウェイトローズやM&Sに次いで3位の評価を受けたことがあるそうです。
ベビー用品からフィットネス関連のグッズまで幅広い商品をカバーしています。
アルディはロンドンの中心部にはほどんど店舗があまりありませんが、オンラインで買うこともできるので気になる方はHPをのぞいて見てくださいね!

公式サイト:https://www.aldi.co.uk

LiDL(リドル)
リドルはイギリスで最も安いスーパーマーケットの一つで、世界中に約8000店舗を展開するドイツのディスカウント・スーパーマーケットチェーンです。創業した1973年から現在までの間で、ヨーロッパの20カ国以上に展開されており、イギリスに進出したのは1994年です。ALDIがイギリスに進出したすぐ後に参入しましたが、同じような形態(ディスカウント)で力を強めています。
アルディ同様にロンドンの中心部にはあまりなく、郊外まで行かないと見つけられないようです。価格の安さに定評がありますが、その分クオリティがやや落ちるかもしれません。

公式サイト:https://www.lidl.co.uk/

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

こんな感じです!

ご近所にあるスーパーがウェイトローズとセインズベリーズでどちらにも行ったことがありますが、そこまで大きな違いは感じませんでした。
例えば、ウェイトローズは“王室御用達”の高級スーパーと言われますが、物によってはセールになってたりしてセインズベリーズよりも安く手に入るなんてこともありました。それでも、品揃えの豊富さはウェイトローズが上で、食材の値段については全般的に若干セインズベリーズの方が安いのかな〜って体感です。

今回はこんな感じで締めさせていただきますが、またなにか新情報を入手したら随時追記しますね!

ではでは★

コンビニエコバッグ エコバッグ コンビニ バッグ 折りたたみ ミニ 2個セット コンビニバッグ おしゃれ レジバッグ 弁当 おにぎり 海苔 コンパクト 弁当エコバッグ ブランド 母の日 ecobag02

価格:1,290円
(2020/6/30 00:18時点)
感想(1338件)


   

コメント