スイーツ

【DOUGHNUT TIME(ドーナツ・タイム)】ドーナツ買ってみた①

スイーツ

いつも通りかかる道沿いにある“DOUGHNUT TIME(ドーナツ・タイム)”🍩

それはそれは華やかなドーナツ✨たちが綺麗に陳列されているドーナツ屋さん。

華やかで可愛らしいデコレーションに惹きつけれられ、
ずっと気になっていたので外出がてら購入してみました 😀

 

感想の前にドーナツ・タイムについて簡単に説明すると、
2015年にブリスベンで1号店を開店したあと急速に店舗数を拡大、
その後、2017年9月にロンドンに1号店をオープンした大人気のドーナツチェーン✨です。
現在ロンドン市内では、移動販売車も合わせると9店舗展開されているみたいです。

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。

上の写真にある通り種類がたくさんあって迷いましたが、今回は下記2つを購入!

 

1つ目【ROBERT DE N’OREO(ロバート デ ノーレオ)】
これ完全に某有名ハリウッドスターを意識してますよね🤣w
ドーナツ・タイムは他にもユーモア溢れたネーミングのドーナツがたくさんあります。
こういう遊び心はとってもチャーミングで大好きです♡
商品開発部のネーミング担当者とは気が合いそう(´∀`*)w

 

2つ目【LIAM HEMSWORTHY(リアム ヘムズワージー)】
期間限定メニュー✨華やかな見た目🌺に惹かれてチョイス。
こちらも元ネタは俳優さんの名前ですね!w
自分の名前がドーナツの元ネタになるってドーナツ好きからしたら羨ましい限り(o´・∀・`o)

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。

<感想>
見た目の通り、海外のお菓子によくありがちな砂糖たっぷりの甘々テイスト。
甘さレベルのMAXが10とすると、7~8くらいの感覚です。
※甘いのはデコレートされている部分なのでドーナツの生地は甘くないですよ!
写真からも伝わるかと思いますが、一つ当たりが結構なボリュームなので、丸々一つ食べると結構な満腹感。
朝食か昼食に置き換えでもいけそう。
私は大のスイーツ好きですが、甘々すぎるものは苦手です。(ほんのり甘いくらいが一番好き。)
が、ドーナツ・タイムのドーナツはとっても美味しく感じたので、
『これだけゴテゴテしてるのは苦手かも・・・。』
『甘すぎるのはちょっと・・・。』
という方も敬遠せずに一度はチャレンジする価値あると思いますよ♪
一つ難点を挙げると、ほとんどが£4~5(日本円に換算すると600~700円)くらいするので、
ドーナツにしてはお高めなんです(;_;)
そもそもイギリスは物価高いですし、ドーナツのサイズが日本(Ex.○スド)の1.5〜2倍くらいあるので、
妥当な金額かもしれませんが、もう少しだけ安めだと嬉しいなー(*´ω`*)なんて。笑

種類がたくさんあってメニューの入れ替わりも早いので、
これからもちょくちょく買いに行きたいと思います♪

*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*
今回登場したお店
DOUGHNUT TIME(ドーナツ・タイム)
移動販売車も含めるとロンドン市内に9店舗展開されております*
*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

コメント